歌舞伎 on the web

中村 蝶十郎 (初代)

なかむら ちょうじゅうろう
屋号播磨屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。面長で顎の尖った役者顔。きびきびとした身のこなしで、世話物の若い者や時代物の若党、中間などがよく似合う。『暗闇の丑松』の気っ風の良い湯屋番を熱演したのが、記憶に新しい。『対面』の大名、『与話情浮名横櫛』のやくざの子分など、時代物でも世話物でも、敵役が本領だろう。芸熱心なのでこれからが楽しみ。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和31年生まれ。49年6月国立劇場『心中天網島(しんじゅうてんのあみじま)』の遊客で髙橋裕孝の名で初舞台。松本幸四郎に入門し、松本高弥を名のる。56年6月中村歌昇(現・又五郎)門下となり、57年4月大阪新歌舞伎座で中村蝶十郎を名のる。平成10年9月歌舞伎座『二條城の清正』の宿直の武士ほかで名題昇進。

受賞:

▼平成2年11月歌舞伎座奨励賞。3年関西で歌舞伎を育てる会努力賞。5年第十二回眞山青果賞敢闘賞。25年第十九回日本俳優協会賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『暗闇の丑松』湯屋番頭甚太郎

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ