歌舞伎 on the web

市川 段之 (初代)

いちかわ だんし
屋号澤瀉屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼女方。面長の顔に色気のある眼、ちょっと大きめな口。現代っ子らしい明るさと、何より芝居好きで勉強熱心。腰元や新造、仲居などから町娘まで、どんな役でも目立つ存在。世話物でも新作でも工夫して演じている。『傾城反魂香』将監の北の方を神妙に勤め、また『東海道四谷怪談』宅悦女房おいろのような汚れ役も楽しそうに演じていた。段四郎門下のベテランとして、段四郎と亀治郎によく仕えている。師の踊りの後見もきちんとつとめている。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和37年生まれ。59年国立劇場第七期歌舞伎俳優研修修了。4月明治座『御贔屓繋馬(ごひいきつなぎうま)』の仕丁ほかで後藤明夫の名で初舞台。11月市川段四郎に入門し、市川段之を名のる。平成6年7月歌舞伎座で名題昇進披露。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『夢の仲蔵千本桜』富沢門四郎

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ