歌舞伎 on the web

坂東 玉雪 (初代)

ばんどう たまゆき
屋号大和屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。小柄だがきびきびと小気味よい身のこなしで、立廻りの名手として活躍してきた。舞踊も得意で、玉三郎一門の勉強会「若草会」や、三津五郎一門と合同の勉強会「竹の子会」で『戻駕色相肩』などの大曲に挑戦して勉強している。玉三郎の踊りの後見も勤めて、信頼されてきた。名題に昇進して、今後はベテランわき役としての大成が期待されている。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和42年生まれ。59年国立劇場第七期歌舞伎俳優研修修了。4月明治座で藤田明広の名で初舞台。9月坂東玉三郎に入門し、12月歌舞伎座新派特別公演『女人哀詞』の丁稚ほかで坂東玉雪を名のる。平成19年10月歌舞伎座『怪談牡丹燈籠』の手代定吉と『奴道成寺』の所化で名題昇進。

受賞:

▼平成8年1月『阿古屋』の立廻りで国立劇場特別賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『戻駕』 吾妻与四郎実は真柴久吉

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ