歌舞伎 on the web

尾上 辰緑 (初代)

おのえ たつろく
屋号音羽屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。細面に切れ長の目で、若い頃は立廻りの名手として活躍し、いかにも身の軽そうな、手が切れそうなきびきびした動きで注目されてきた。いまやベテランになったが、菊五郎劇団育ちらしい、江戸の世話物の雰囲気が身についている。これという当たり役はないが、職人や町人、武家の用人などを誠実に演じている。どちらかといえば職人肌の人らしく、松緑の踊りの後見も安心して任せられている。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和26年生まれ。42年4月初代尾上辰之助(没後三代目松緑追贈)に入門、43年1月東横劇場で尾上小辰を名のり『石切梶原』の近習で初舞台。平成3年5月尾上辰緑と改名。12年1月新橋演舞場『対面』の八幡ほかで名題昇進。

受賞:

▼国立劇場奨励賞、同特別賞など多数。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『一谷嫩軍記』熊谷陣屋 伊勢三郎

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ