歌舞伎 on the web

中村 歌昇 (四代目)

なかむら かしょう
屋号播磨屋
定紋揚羽蝶

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。まだどこかにあどけなさが残る甘いマスク。二枚目が似合う役者になるだろう。近年急速に舞台が増えてきた。父・又五郎が吉右衛門の一座に出ることが多いから、おのずと吉右衛門一座で修業し、学んでいくことになるだろう。『竜馬がゆく 立志篇』で土佐の下級郷士を真摯に演じていたのが印象に残る。これからの成長が楽しみの若手である。平成23年9月に、父が30年間名のってきた歌昇の名を四代目として襲名した。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼平成元年5月6日生まれ。中村又五郎の長男。6年6月歌舞伎座〈四代目中村時蔵三十三回忌追善〉の『道行旅路の嫁入』の旅の若者で四代目中村種太郎を名のり初舞台。23年9月新橋演舞場『舌出三番叟』の千歳ほかで四代目中村歌昇を襲名。

受賞:

▼平成19年12月国立劇場特別賞。20年3月同奨励賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『寿式三番叟』千歳

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ