歌舞伎 on the web

尾上 扇緑 (初代)

おのえ せんろく
屋号音羽屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼女方。菊五郎劇団のベテラン。控えめな芸風で、長屋のおかみさんや廓の新造などをさりげなく演じて、邪魔にならない自然さ。この人が顔を出すと舞台が和む。『江戸の夕映』の蕎麦屋の女房で、江戸が東京になっても変わらぬ下町の人情を感じさせた。先々代松緑に長年仕え、後見から台本・書抜の資料整理まで、誠実につとめてきた。四代目松緑にとっても、祖父と父の芸を知る大切な人。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和5年生まれ。二代目尾上松緑に入門、23年4月新橋演舞場で尾上松男を名のり『助六曲輪菊(すけろくくるわのももよぐさ)』の仕出しで初舞台。34年10月歌舞伎座で尾上扇緑と改め名題昇進。

受賞:

▼平成7年4月国立劇場優秀賞。16年第十回日本俳優協会賞功労賞。26年文化庁長官表彰。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『義経千本桜』四の切 妻飛鳥

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ