歌舞伎 on the web

中村 扇乃丞 (二代目)

なかむら せんのじょう
屋号成駒家
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼小柄で可憐な女方。もともとは娘方だったが、いまやベテランの落ち着きが出てきた。品がよく、時代物の腰元がよく似合う。師の藤十郎の薫陶をえて、近松物をはじめとする上方歌舞伎の遊里の遊女や仲居の雰囲気がしっかり身についてきた。芸熱心で、師の芸を熱心に学んで、着実に成果をあげている。勉強会では八重垣姫や『封印切』の梅川などの大役を熱演していた。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和37年生まれ。演出家高瀬精一郎の次男。祖父は前進座の名脇役坂東調右衛門。47年12月、本名で新橋演舞場『魚屋宗五郎』の酒屋の丁稚(でっち)で初舞台。55年12月歌舞伎座の前進座公演で坂東ひのきを名のる。59年3月中村扇雀(現・坂田藤十郎)に入門、60年6月国立劇場で中村扇乃丞と改名。平成7年1月大阪・中座『嫗山姥(こもちやまんば)』の腰元更科ほかで名題昇進。

受賞:

▼平成13年上方歌舞伎会『車引』の桜丸で十三夜会奨励賞。14年第八回日本俳優協会賞。15年十三夜会奨励賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 恋飛脚大和往来』封印切 遊女梅川

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ