歌舞伎 on the web

市川 新十郎 (四代目)

いちかわ しんじゅうろう
屋号成田屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。小柄だが目が大きく鼻筋の通った二枚目で、セリフもしっかりしている。身が軽く、動きがキビキビと小気味いい。菊五郎劇団の立廻りの中心として、タテの巧さと美しさに定評を得てきた。芸熱心でやる気十分。踊りも得意で、勉強会で『三社祭』や『今様須磨の写絵』の此兵衛を熱演した。四代目市川新十郎を襲名して名題に昇進した。これからの成長が期待される。

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和44年生まれ。平成2年国立劇場第十期歌舞伎俳優研修修了。4月国立劇場小劇場『彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)』の忍びの浪人で小坂部暢宏の名で初舞台。3年4月十二代目市川團十郎に入門し、市川新七を名のる。20年5月歌舞伎座『極付幡随長兵衛』の舞台番新吉などで四代目市川新十郎を名のり名題昇進。

受賞:

▼平成8年1月国立劇場特別賞、17年第十一回日本俳優協会賞奨励賞ほか。

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ