歌舞伎 on the web

中村 春花 (初代)

なかむら しゅんか
屋号加賀屋

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼女方。長身で面長な、古風な顔立ち。やや寂しげだが、落ち着いた風情と臈長けた色気が持ち味になっている。セリフもしっかりしている。時代物の品のある奥女中や腰元がよく似合う。色町の芸者や仲居もいい。芸熱心で勉強会で大役に次々に挑戦し、師の歌右衛門が得意にした『伊勢音頭』の万野や『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』の政岡を堂々と演じた。名題に昇進し、ますます活躍が期待される。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和34年生まれ。61年国立劇場第八期歌舞伎俳優研修修了。4月国立劇場小劇場『六歌仙容彩』黒主の花四天で長谷川文男の名で初舞台。62年4月中村松江(現・魁春)に入門し、中村歌松を名のる。平成18年4月歌舞伎座で初代中村春花を名のり名題昇進。

受賞:

▼平成5年4月第十二回眞山青果賞敢闘賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『関八州繋馬』 季武女房おしゃなの前

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ