歌舞伎 on the web

市川 欣弥 (初代)

いちかわ きんや
屋号澤瀉屋

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。ふてぶてしい面構えとサビのある調子、苦みのある芸風で、どんな役にも存在感がある。敵役から老けまでこなすが、ことにちょっと手強い役を演じさせると目立つ存在。憎々しい敵役が本領で、三越劇場『傾城反魂香』の珍しい「高嶋館」の復活場面で、長谷部雲谷という一癖ある敵役の絵師を勤め、時代物の老けの大役を堂々と演じた。貴重なわき役である。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和23年生まれ。祖父は四代目大隅大夫、父は文楽の人形遣い吉田栄三郎。43年3月関西芸術座『明日をつむぐ娘達』の島崎役で初舞台。ともだち劇場、くるみ座、前進座養成所を経て49年4月前進座入座。片岡欣弥を名のる。62年4月から市川猿之助(現・猿翁)門下となり市川欣弥と改名。平成10年7月歌舞伎座『義経千本桜』鳥居前の駿河次郎で名題昇進。

受賞:

▼国立劇場特別賞、歌舞伎座賞ほか。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『義経千本桜』土佐坊正尊

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ