歌舞伎 on the web

嵐 橘三郎 (六代目)

あらし きつさぶろう
屋号伊丹屋
定紋三階菱橘
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。やや小柄ながらすっきりした容姿ときびきびした演技。規格正しい正統派の芸で、どんな役でも印象に残る。腕達者である。江戸の世話物から上方の義太夫狂言まで芸域が広く、過不足がない。実力、容姿、セリフともによく、嫌みのない芸だ。『敵討天下茶屋聚』の腕助など、巧いものだ。近年は『義経千本桜』河連法眼館の場の河連法眼や『夏祭浪花鑑』の三河屋義平次を演じるなど、重要なわき役でも好演している。平成25年11月に幹部に昇進。立派な名跡にふさわしい役者として、さらなる活躍が期待される。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和19年生まれ。38年3月四代目坂東鶴之助(五代目中村富十郎)に入門、坂東鶴吉を名のり大阪新歌舞伎座『花の生涯』の侍で初舞台。坂東竹四郎、中村富太郎を経て、52年10月新橋演舞場で六代目嵐橘三郎を襲名し名題昇進。平成25年11月歌舞伎座『仮名手本忠臣蔵』斧九太夫で幹部昇進。

受賞:

▼平成9年第三回日本俳優協会賞。国立劇場努力賞、同奨励賞など多数。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『加賀見山旧錦絵』三圍花見の場 天城軍次兵衛

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ